ユーザーページ

WIRES-Xを使って交信する

ユーザー局はC4FMデジタルトランシーバーでローカルのWIRES-Xノード局にアクセスするだけで、下のイラストのようにインターネットを経由して遠く離れたエリアやときには海外とも高音質のQSOやニュース機能などC4FMデジタルならではの交信を楽しむことができます。C4FMデジタルトランシーバーなら、アクセスする為の操作も画面を見ながらとても簡単です。
アナログFMトランシーバーではデジタルならでは機能を使うことはできませんが、WIRES-Xを経由することでアナログFM局はもちろんC4FMデジタル局とも音声によるQSOが可能です。 ユーザー局がWIRES-Xを楽しむためにはトランシーバーだけでOKです。

WIRES-Xを使って交信する

WIRES-X をご利用になるには、無線機のファームウェアがWIRES-X に対応していることが必要です。
ファームウェアの更新情報は下記URLで確認することができます。WIRES-X対応のファームウェアをダウンロードしてください。

それではWIRES-Xならではのカンタン操作の手順をご紹介します。

(1)近くのノード局を探す

プリセットサーチ機能で探す

C4FMデジタルトランシーバーはアクセスできる近隣のノード局を簡単に探すことができます。
DXキーを長押しするだけで、現在の周波数またはプリセットサーチチャンネルでサーチ信号を送信します。
サーチ信号を受信したノード局はID情報を自動的に返信しますので、ノード局が見つかると自動的にノード局の運用周波数に切り替わり、ノード局のIDと都市名が画面に表示されます。

プリセットサーチ機能で探す

見つかったノード局のユーザーIDと都市名が画面に表示されます。

当社のWebサイトのIDリストからノード局を探す

WIRES-X WebサイトのアクティブIDリストで接続したいノード局を探してください。見つけたノード局の周波数にトランシーバーの周波数を合わせ、Dキーを長押しするだけでプリセットサーチ機能が自動的にローカルノード局をサーチします。見つかったノード局のIDと都市名が画面に表示され、ノード局が利用できます。

アナログFMトランシーバーの場合にはアクティブIDリストでアナログノード局を探して、ノード局の周波数にトランシーバーの周波数を合わせてください。

もし近くにノード局がないとき

もしまだ近くにアクセスできるノード局がない場合には、ご自分でノード局を開設されてはいかがでしょう。 インターネット設定や初期設定などWIRES-Xのノード局開設は簡単です。ぜひノードオーナになってご自分や仲間と便利にWIRES-Xを楽しんでください。

ノード局の開設方法のご紹介はこちらです。

(2)接続したいノードやルームを検索して接続する

C4FMトランシーバーからローカルノード局を経由して、アクティブなノードやルームのIDを検索することができます。

接続したいノードやルームを検索して接続する

ノードやルームの検索は便利で実用的な方法を用意しました。

接続可能なIDの一覧から探して接続する

アクティビティ数が多い(接続しているノードが多い)ルームから順に表示させて選択できます。

ノードやルームのIDを文字列で検索して接続する

IDの一部が分かっている場合に便利です。
検索したい文字を直接入力して、一部が一致するIDを検索することができます。

最後に接続したノードやルームに接続する

ローカルノード局が他のノードに接続していないときは、お使いのトランシーバーで最後に接続したノードまたはルームIDが表示されますので、選択するだけで接続してすぐにQSOを始めることができます。

登録したノードやルームを呼び出して接続する

よく使うノードやルームを5つのカテゴリーに分類してIDを、それぞれ20個まで登録しておき、後から呼び出して接続できます。

アナログFM局からノードやルームに接続する

アナログFMトランシーバーの場合にはアクティブIDリストで接続したいアナログノード局またはルームを探して、5桁のDTMF IDを送信して接続することができます。

(3)交信やニュース機能を楽しむ

ご希望のノードやルームに接続できましたら、いよいよWIRES-Xのデジタルならではの高音質な音声で交信をお楽しみください。さらにニュースステーション機能では下のイラストのようにローカルノードはもちろん、接続先のノードやルームにメッセージや画像、音声をアップロード/ダウンロードできます。世界中のWIRES-Xのユーザーとこれらのデジタルデータを共有するアマチュア無線の新しい楽しみ方が拡がります。

ニュース カテゴリーリスト画面

メッセージ表示画面

メッセージリスト画面

画像表示画面