Vertex Standard
サイト内検索

COMMUNICATIONS EQUIPMENT
HOME
HOME > 個人・一般向け > 製品概要 > FT1D

商品情報

FT1D

C4FM Digital/Analog Transceiver

この製品のトップ 製品詳細 オプション 仕様 ダウンロード

デジタルで拡がるアマチュア無線の楽しみ
12.5kHz C4FM デジタルという魅力

アマチュア無線はV/UHF帯のデジタル通信によって音声だけでなくデジタル化されたデータの通信という新しい時代にはいりました。

FT1Dに採用した12.5kHz C4FM デジタルは、業務用無線で培った強力なエラーコレクション機能、高音質モード、画像通信モードに加え、GPSの位置情報を音声と同時にリアルタイムで通信するスマートナビゲーション機能、複数の仲間が通信可能な範囲に入っているかどうかを自動でチェックするデジタルグループモニター機能、デジタルワイヤーズWIRES-Xによるインターネット通信など、デジタルだからできる便利で楽しい機能を満載しています。

このように多彩なデジタル機能を誇るC4FM デジタルモードのほかに、アナログFMにおいては、受信性能が優れバッテリーの消費量が少なく長時間の運用を可能にする八重洲伝統の優れたアナログ高周波回路設計技術を投入しています。安定した高出力を保証する送信部、妨害電波に強い高感度受信部によって電波が弱い山に囲まれたようなロケーションでの通信、近くに電源がないような場所での長時間運用などではアナログFM通信を効果的に使うことができます。



4つの通信モードを搭載
FT1Dは3つのデジタルモードと通常のアナログFMモードを選択可能。
目的に合わせて通信を楽しむことができます。

1. V/D mode (音声/データ同時通信モード)
12.5kHzの帯域のうちデジタル音声信号用に6.25kHzを使い、残りの6.25kHzの帯域を使って音声データのエラーコレクションを行う、C4FM FDMA Digitalの基本のモードです。プロ用通信機で培われた強力なエラーコレクション技術を採用することで、効果的に誤り符号を訂正しますので通話が途切れにくくなるなどのメリットがあります。
  2. Voice FR mode (音声フルレートモード)
12.5kHzの帯域をすべて使用して音声データを伝送するモードです。豊富な音声データ量により高音質の音声通信を可能にしますので、仲間とのラグチューなどで耳に心地よい音質で通信を楽しむことができます。
  3. Data FR mode (高速データ通信モード)
12.5kHz全ての帯域をデータ通信に使う高速データ通信モードです。画像通信では自動的にこのモードに切り替わり大きなデータ量を高速で伝送することを可能にしています。   4. アナログFMモード
デジタルモードでは音声が途切れてしまうような信号強度の弱い状態での通信ではアナログFMを使用することが効果的です。定評のある低電力回路設計ですからデジタルモードと比べ電池の消費量も少なくノイズぎりぎりの距離まで通信を可能にします。

トランシーバーが自動でモードを認識するAMS機能
AMS(Automatic Mode Select)機能は受信信号がアナログFMモード、V/Dモード、高音質音声モード、または高速データ通信モードのどれであるかを瞬時に認識して、自動的に相手の通信モード合わせて通信を行うことができる大変便利な機能です。手動でモードを切り替える必要がなく、ストレスフリーのオペレーションを実現しています。

V/UHFで画像を送るSnapshot(スナップショット)機能(画像データ転送)
オプションのカメラ付きスピーカマイク MH-85A11Uで画像を送るスナップショット機能を搭載しました。マイク本体にシャッターボタン、画像送信ボタンを配置していますので、手元のマイクだけでいつでも手軽に撮影・送信をすることができます。自分で撮影した画像や仲間から送られてきた画像は大容量のマイクロSDカードに保存されますので、あとから呼び出して自由に送信することができます。画像サイズは320 x 240ドットまたは160 x 120ドット、画質は3段階から設定することができますので、撮影する対象や目的に合わせて最適な画質を選ぶことができます。この画像データには撮影日時とGPSデータが同時に記録されますので、後からPCで編集することやスナップショットが撮影された場所に向かってナビゲーションするなど様々な利用が可能です。

スマナビ機能 (スマートナビゲーション機能)
位置関係を確認できるリアルタイムナビゲーション機能
デジタルV/Dモードでは、位置データなどの情報を音声信号と同時に通信していますので、通信をおこなっている間でもリアルタイムで相手局の距離と方向を表示することができます。ハイキングやドライブでは常に変化する自分と相手の位置を確認することができますので、待ち合わせや合流などのシーンで活躍します。
  出発地点へ戻るためのバックトラック機能
出発地点や過去にメモリーした地点へワンタッチでナビゲーションをスタートすることができる機能です。ハイキングやキャンピングなどで、スタート地点やテントの位置を登録しておくだけで、常に現在地からの方向と距離を確認できます。コンパス表示の矢印は常に登録地点の方向を示しますので、ヘディングアップ表示で矢印が真上を向くように移動すれば登録した場所へ向かうことができるので大変便利です。

デジタルGM機能 (デジタルグループモニター機能)
デジタルGM機能はグループに登録したメンバーが通信範囲内にいるかどうかを自動的にチェックして、コールサインごとに距離と方位などの情報を画面に表示します。仲間の誰が通信圏内にいるかが分かるだけでなく、グループ全員との位置関係が瞬時に確認できる便利な機能です。 さらにこの機能を使ってグループのメンバーとの間でメッセージや画像などのデータを送ることができますので、仲間とのドライブやハイキングなどで便利で楽しいコミュニケーションが可能です。送受信したメッセージや画像はLOGリスト画面で分かりやすいアイコン表示で確認することができます。

直感的ですぐに使いこなせる優れた操作性
多彩な機能をダイレクトに呼び出せる優れた操作性を実現しました。またFT1Dを使いやすくカスタマイズすることができるセットモードは分かりやすい階層メニューを採用しました。ENTキーを押すと下の階層に移動しDISPキーを押すと上の階層に戻ることができます、項目や設定値はダイアルを回して選択するシンプルな操作で思いのままにカスタマイズをすることができます。

本格的なワイドバンド同時受信機能
504kHz〜999.99MHz(Aバンド)、108MHz〜579.995MHz(Bバンド)を連続カバーする2つの本格的な広帯域受信回路を搭載しています。Aバンド/Bバンドは同一または異なるバンドを自由に組み合わせて同時受信できますので、用途にあわせた多彩な運用シーンに対応します。

主な放送局や各種情報無線を網羅したプリセットレシーバー機能
あらかじめ周波数がプリセットされているプリセットレシーバー機能を搭載。AM・FMラジオ、短波放送、鉄道無線、国際(マリン)VHF、特定小電力無線、ワイヤレスC、救急、消防などを簡単に呼び出すことができます。AM・FMラジオは0〜9エリアの地域ごとに呼び出すこともできるため、近くのラジオ局を簡単に選択して快適に受信することができます。タグ表示は読みやすい漢字表示に対応しました。

異なる2バンド/同一バンド2波同時受信対応(V+V/U+U/V+U)
2つの受信回路を搭載し、同一バンドだけではなく異なるバンドを同時に受信することができます。(デジタル/デジタルの同時受信、Bバンドでのデジタル受信には対応していません。)

AF DUAL機能
AM/FMラジオ受信しながら同時にAバンドとBバンドの周波数を待ち受け受信することができます。AバンドまたはBバンドに受信信号がないときは、途切れることがありませんので快適にラジオを楽しみながら待ち受けすることができます。さらにAバンドでデジタルを待ち受けしながらAF DUAL機能を使用することも可能です。

1200/9600bps APRS®に対応
APRS®のデータを送受信するため1200/9600bps AX.25データ通信モデムを内蔵。APRS®の情報表示、受信リスト表示やメッセージ伝送、SmartBeaconing™に対応しています。自局と他局の位置情報をやり取りしてディスプレイに表示し、インターネットでAPRS®局の移動軌跡を見ることができます。

GPSアンテナ標準装備
本体上部にGPSアンテナをスマートに内蔵していますので、本体だけで自局の位置や移動情報を表示するなどGPS情報が利用可能です。

雨や水しぶきなどにも十分耐える防水性(防噴流型)IPX5相当の防水設計
フィールドで遭遇する急な天候の変化にも、安心して使用することができるタフ防水構造です。

マイクロSDカードスロットを装備
マイクロSDカードスロットを本体側面に装備しマイクロSDカード(最大32GB)に、GPSロガー(自局の移動軌跡情報を記録し、ハイキングなどのルートをあとからPC上の地図ソフトなどで表示させることが可能)、メモリー内容のバックアップ、撮影した画像データなど、大量のデータを保存することができます。また、このマイクロSDを使用して対応する他の無線機との間でメモリー情報やグループリストの共有、設定情報のクローンも可能です。

各種データ通信用のデータ端子
本体側面に各種データ通信用のデータ端子を装備、カメラ付きスピーカマイクの接続、パソコンなど外部機器と接続してファームウエアをアップデートすることが可能です。

主なオプションはVX-8D/VX-8Gと共通です
リチウムイオン電池パック、充電器などの主なオプションはご好評を頂いておりますVX-8D/VX-8Gシリーズと共通でお使い頂けます。マイク関連のオプションはVX-8Gと共通です。

その他の便利な機能
●大容量1558chメモリーと100ch×24バンク ●暗いところでも見やすく操作しやすいイルミネーション付きフルキーボード ●最大101チャンネルの信号強度をグラフで表示する高精細バンドスコープ機能 ●3つのパターンの振動で受信を知らせるバイブレータ ●高輝度白色LEDによる動作表示と簡易照明機能 ●最大16文字(全角8文字)の漢字対応メモリータグ ●約6,000文字の漢字と記号に対応 ●トーンスケルチ、DCS、新ページャー機能など多彩な個別呼出機能 ●DTMF送出機能 ●DTMFメモリー機能 ●GPS受信で正確な時計機能 ●オンタイマー/オフタイマー/オートパワーオフ/タイムアウトタイマー ●多彩なスキャン機能 ●温度センサー内蔵 ●GPSデータ出力対応 ●外部電源端子 ●バッテリーセーブ機能 ●起動時パスワードロック

APRS®:APRS®(Automatic Packet Reporting System)は、WB4APR Bob Bruninga氏の商標です。
SmartBeaconing™:Smart Beaconing™は商標です。SmartBeaconing™は、HamHUD Nichetronix社から提供されています。


  ▲ページトップ


Copyright(C) Yaesu Musen Co.,Ltd. All rights reserved.