YAESU 60周年記念コンテストに多数のご参加をいただき
誠にありがとうございました。

当コンテストのコンテストシートの受付は終了しました。

※コンテストシートを送付いただきました皆様には、
受付のご連絡をさせていただきました。

YAESU 製品を日頃よりご愛顧いただいているお客様に感謝の意を込めて
八重洲創業60周年記念コンテストを開催します。

開催期間: 2016年9月1日 18:00 JST~12月31日 18:00 JST

コンテストの概要

コンテストは、以下の6部門で行います。
   ① WIRES-X 部門
   ② C4FM 部門
   ③ HF Phone 部門
   ④ HF CW 部門
   ⑤ HF DATA 部門
   ⑥ マルチ 部門

参加資格:  日本国内のアマチュア局 (但し、交信相手はサービス局として海外局も可能)

参加部門:  個人:① から⑥の中から1つを選択
       社団局: ⑥ マルチ部門のみ

  • 交信局1局に対し1点、正確なコンテストナンバーの交換により規定ポイントの加点となります。
  • 海外局との交信もコンテストナンバーの交換が行われた交信は加点対象となります。(ログ提出は国内局に限ります)
  • JARL規定のコンテスト用バンドプランにとらわれず、通常交信の中でコンテストナンバーを
    交換していただければ加点対象となります。
  • CQの出し方などには取り決めを設けません。一般的なコンテスト形式のCQや、通常QSO
    での参加も可能です。
  • CQの際に「YAESUコンテスト」や、「八重洲60周年コンテスト」など、本コンテストに関わるコメントは
    自由にご活用ください。
  • JARLバンドプラン、運用指針、電波法令に従った運用を行ってください。
  • 60局以上とコンテストナンバーの交換が行われたログシートを提出してください。 ただし、② C4FM部門 および ⑤ HF DATA部門は10局以上の交信とします。

サマリーシート、コンテストログの提出

【提出期限】
郵送の場合  :2017年1月31日(火)当日消印有効
E-MAILの場合:2017年1月31日(火) 23:59(JST)

サマリーシート、コンテストログシートの送付先

郵送の場合:
〒140-0002 東京都品川区東品川2-5-8 天王洲パークサイドビル
八重洲無線株式会社 国内営業部
「YAESU 60周年記念コンテスト係」 宛

E-MAIL の場合:  contest@yaesu.com
(このメールアドレスはログシート受付専用となっております。 お問い合わせの受付やメールに対するご回答はできませんので予めご了承ください。)

結果発表

2017年3月頃に弊社ホームページにて発表いたします。

  • 各部門ごとに 上位3局を表彰
  • ログシート提出局全員に参加賞

【部門別優勝賞品】

① WIRES-X部門:
② C4FM部門:
③ HF Phone部門:
④ HF CW部門:
⑤ HF DATA部門:
⑥ マルチ部門:

FTM-400XD
FT2D
M-1
FT-891
FT-891
(個人)FT-991A
(社団)FT-991A


YAESU 60th Anniversary Contest
各書式のダウンロード

【コンテスト 専用ログシート】

・専用ログシート記入例
・専用ログシート(PDF形式)
・専用ログシート(Excel形式)

・専用ログシート記載要項

【コンテスト サマリーシート】

・サマリーシート記入例
・サマリーシート(PDF形式)
・サマリーシート(Excel形式)


コンテスト規約

参加資格  日本国内のアマチュア局 (但し、交信相手はサービス局として海外局も可能)
参加部門  個人:6部門の中から1部門のみ  社団局: ⑥ マルチ部門のみ

① WIRES-X 部門

  • WIRES-X を介した通信のみとする。
  • WIRES-Ⅱ、EchoLink など、他のVoIPとのゲートウェイやスマートフォンなどからのアクセスは無効。
  • トランシーバーからWIRES-X基地局へのアクセスによる通信が条件で、無線機を介さない通信は無効。
  • 同一局との交信は接続先の異なる(異なるRoom、異なるNode)通信であれば重複交信が有効。
    ただし、移動局と固定局の区別は行わず、接続先が同一の場合は重複カウントしない。
  • ポイント:デジタル局との交信は(2点)、アナログ局との交信は(1点)
  • コンテストナンバー 【シグナルレポート】+【利用ノードID番号】+【アクセスモード】
    例:59 12345 D ←【 12345ノードへDNモードでアクセスして、シグナル59】

② C4FM 部門

  • C4FM方式のデジタル通信のみとする。
  • BANDが異なれば同一局との交信も別の交信としてカウントできる。
  • QTHに関わらず、同一局と同一BANDの交信は1カウントとする。(重複カウントできない)
  • 表示された通信距離をコンテストナンバーで伝え、距離に応じて加点する。(小数点以下切り捨て)
  • 通信距離が確認できなかった場合にはコンテストナンバーの通信距離を除いて伝える。
  • 加点方式は【なし(未確認):1点、50km以下:2点、100km以下:3点、500km以下:4点、
           1000km以下:5点、1000km以上:6点】
  • コンテストナンバー 【シグナルレポート】+【使用リグ】+【表示距離】
    例:59 400D 382 ← 【FTM-400XDHで 382.6kmの表示、シグナル59】

③④⑤ HF部門

  • HF帯及び50MHz帯による通信を対象とする。
  • BANDまたはMODE、およびBAND&MODEが異なれば同一局との交信も別の交信としてカウントできる。
  • QTHに関わらず同一局と同一BAND&MODEの交信は1カウントとする。(重複カウントできない)
  • HF部門は使用リグの種類で加点される。
       ・指定機種(※シート記載要項:別表1)での運用をポイント局(6点)とする。
       ・指定機種以外のYAESUトランシーバーによる運用局をポイント局(3点)とする。
       ・他社機種および自作機種による運用局を一般局(1点)とする。
  • 八重洲無線ハムクラブ(との交信)はボーナス局(60点)とする。
  • 自局が指定機種(※シート記載要項:別表1)による運用を含む場合、サマリーシートの総得点+60点、
      YAESU機種の場合+30点を加点できる。
  • C4FMの交信も HF Phone 部門の規約に従う。 ※SSB、FM などと同様に Phone MODEの一つとする。
     (コンテストナンバーは距離表示を含んでも良いが、カウント方法はHF規約に従う)
  • HF-DATA 部門での JT65, JT9 は5w以下で行ってください。
      参考:CQは、フリーワードで【YAESU_CONTEST】などを通常CQの合間に送信するなど。
  • コンテストナンバー 【シグナルレポート】+【使用リグ】
       例:59 DX9000 ←【PhoneモードでFTDX9000にて運用、シグナル59】
       例:599 DX9   ←【CWモードでFTDX9000にて運用、シグナル599】
       例:73-15DX9  ←【JT65,JT9モードでFTDX9000にて運用、レベル-15】(ファイナル時に送信)

⑥ マルチ 部門

  • 複数部門の複合参加 例(③ HF Phone部門+④ HF CW)とか(① ~⑤全て)など
  • 規約は① ~⑤までのそれぞれの部門に従う。
    (※C4FMの交信は ② C4FM部門 規約に従う)
  • ※社団局による参加は ⑥ マルチ部門 のみとする。 (シングル部門参加でも マルチ部門へのエントリー)


ログシート記載要項

記載要項はこちらよりダウンロードできます>>