For Business
Webガイダンス

HOME
HOME > 法人・企業向け > 商品情報 > 多人数同時通話型 > MICS PRO UNIVERSAL

商品情報

MICS PRO

多人数同時通話型

この製品のトップ 製品詳細 オプション 仕様・外形寸法図 カタログダウンロード

多彩なオーディオ系オプションを揃え、どんな業種にもフィット

MICSシリーズの特長のひとつに、充実したオーディオ系オプションのラインアップがあります。タイピン型マイク&イヤホンをとってみても、操作ボタンの位置が違うもの、マイクの感度調整が可能なもの、取りつけクリップがマグネット式のものなど、実に多彩です。そのほかにも、騒音下でもきれいな音声で伝達できる咽喉マイクや、テレビの撮影クルーが使用するようなネックセットなど、使用される形態にあわせて選べるオプションを多数用意しています。
接客業などではオプション類もお客さまの目に必ず留まるので、使いやすさと同時にセンスの良いものを選びたいですね。



持ち場を離れることなく、遠くの人と瞬時に連絡ができる便利な無線。そしてさらに便利に使えるのが、無線インカムです。作業をしながら話せるハンズフリーで、日常会話のように複数の人が同時に話せる気楽な同時通話方式。重要なメッセージがスピーディかつタイムリーに伝達できます。特に強力なチームワークで業務運営を図りたいビジネス現場では、確実な指示・誘導にお為にもぜひ導入したいものです。
Multi InterCom System−MICS「ミックス」。大規模利用のための「ミックス・プロ」です。システムづくりがラクなシンプルな機器構成ながら、スタンダードオリジナルの回線接続方式を採用することにより、グンとスケールの大きな連絡網をつくることができます。しかも、一段とワイドな通話エリアとすぐれた対環境性を実現しました。

従来からの固定チャンネル方式に加え、空いているチャンネルに自動的に移り、子機を携帯する全員が会話に参加できる自動回線選択方式を採用しています。子機の使用台数に制限がなくなり、全部署をカバーする連絡網が構築できるなど、大規模な発展的利用を実現しています。自動回線接続方式では、基地局を含めて最大8人での同時通話が可能。通話に参加していなくても常時モニターができ、チャンネルが空いたらスムーズに通話に参加できる仕組みです。

■基本の機器構成は、極限までシンプルにいたしました

親機 RP823

システムの中核となる親機は、アンテナを一体型にすることで配線工事やケーブル損失をなくし、ワイドで高品位な通話エリアを確保することが可能になりました。屋外業務仕様で-20℃から+50℃までの温度変化に対応します。各子機からの送られてくる電波をミックスし、1つの電波にまとめて各子機に送信する役割を果たします。

基地局監視装置 CX912

回線の使用状況をLED表示で確認できます。フロントパネルは本体と分離し、見やすいアングルに差し替えが可能。外部スピーカーをつないで拡声放送もできます。

携帯型無線機(子機) HX834

バッテリーを接続して、約10cm程度の小型サイズ。付属のリチウムイオンバッテリーは、連続通話で約11時間、単3アルカリ乾電池3本で約13時間も可能。振動やショックに強いアルミダイキャストのシャーシとポリカーボネートの堅牢ボディは、業務ユースの通信機器として信頼性の高い仕上がりになっています。
(写真は、ヘッドセットCHP820、ヘッドバンドCMB820を接続)

■さらにエリアを拡張したい場合には

親機に接続して通話エリアを拡げることができる回線補償器RP824を用意。
約50mのケーブル延長で、最大6台の増設が可能。
屋外設置にも対応した防噴流型の構造です。
*回線補償器を使用する場合は、基地局申請が必要となります

さまざまなシーンで活躍するMICS「ミックス」。
土木・建設・プラントなどのハードな業務の現場から、鉄道保線工事、各種工場、レジャー施設まで、
チーム作業のコミュニケーションを円滑におこなうために、MICSは求められています。


  ▲ページトップ


Copyright(C) Yaesu Musen Co., Ltd. All rights reserved.