特定小電力無線 簡易/小エリア無線 一般業務用無線 MCA無線

特定小電力無線

特定小電力無線は、その種別によって通話互換性が変わりますので、種別ごとに説明いたします。

・ 単信通話モデル

基本的に、単信通話モデルどうしは互換性を有します。ただし、各機種特有のグループモードや秘話モード、個別呼出しモードなどを使用すると通話はできなくなります。
他メーカー機種との互換性についても同様です。また、メーカーごとに、どのチャンネルにどの周波数帯を設定しているかが異なる場合もあり、表示されたチャンネルが同じでも通話できないことがあります。

・ 中継通信モデル

中継局へのアクセス方法は、機種ごとに異なります。そのため、ご使用になるのであれば機種ごとに動作確認をする必要があります。中継装置の近くでは動作しても、距離が離れると通信できなくなる事例もあるので、他メーカー機での中継通信はおすすめできません。

・ 同時通話モデル

通信制御(通信開始・終了の制御)の方法が、各メーカー・各機種により異なります。そのため、ご使用になるのであれば、機種ごとに動作確認をする必要があります。
また、ペアリングの相手の指定方法についても異なりますので、他メーカー機とのペアリングはおすすめできません。

・ 多人数同時通話システム(作業用連絡無線システム)

多人数同時通話無線システム(MICS)については、一部の他メーカー機種との互換性を有しますが、基本的には互換性はありません。詳しくは販売店、または当社までお問い合わせください。