世界初、29/50/144/430MHzクワッドバンドモービルトランシーバー。

モービル機といえば、デュアルバンドが常識でした。その概念を破り、一気に2バンドをプラスしたのがスタンダードのFT-8900。プラスしたのは夏場に発生するスポラディックE層により思わぬDX通信が楽しめる、伝統のバンド50MHz。さらに電離層反射による遠距離通信の期待ができる29MHz。両バンドともに比較的空いているので、気楽にロングラグチューできます。



モービル機の定番機能、2波同時受信と2波同時送受信機能を完備。

29/50/144MHz+430MHzまたは29/50/430MHz+144MHzという異なるバンドの2波同時受信機能と144MHz+144MHz、430MHz+430MHzの同一バンド2波同時受信機能対応。異なるバンドの同時送受信もOK。同時に2バンドに受信信号があるときには、片方のバンドの音声出力を自動的にカットするミュート機能も搭載。



受信感度をアップするスーパーDXモード。

モービル運用では、アンテナ制限や周囲の環境で受信状態は著しく変化します。あと少し受信性能が高ければ聞こえるのに・・・とお思いになったことはありませんか。FT-8900にはワンタッチで受信感度をアップするとともに、微弱な電波に適した受信音に最適化するスーパーDXモードを搭載。受信部高周波増幅回路と低周波増幅回路を、微弱電波受信に適した特性に最適化することにより、弱い信号をノイズの中から浮かび上がらせることが可能となりました。



ワンタッチでバンドパターンを記憶する、STANDARDお馴染みハイパーメモリー。

現在の運用状態やバンドパターンをそのまま記憶するハイパーメモリーを搭載。各バンドの周波数情報はもちろん、レピーター、トーン情報、スキャン状態などをボタンひとつで記憶、そして瞬時に呼び出し。ディスプレイの左右にある6つのボタンがその重要な役割を果たします。オートモードを使用すれば、呼び出したハイパーメモリー情報を書き換えてまた記憶することができます。まるで6つのVFOがあるような感覚です。



ネットを利用した次世代アマチュア無線システム「WIRES」に標準対応。

アメリカではかなり浸透してきた「ネット接続アマチュア無線 WIRES」に標準対応。WIRESのレピーター(日本ではフォーンパッチ局)に簡単に接続でき、通信距離を飛躍的に拡大できます。WIRESについては、今後日本でもかなりの普及が見込まれています。WIRESについての詳細は、スタンダードのホームページで8月中旬より、順次紹介していきます。



20W(29MHz 10W)と50W(430MHz 35W)の2タイプ。

ひとつのファイナルで29MHzから430MHzをカバー。ハイパワータイプには、温度センサーつきの強力クーリングファンをリアの放熱器に装着し、長時間運用でも安定した送信特性を確保しています。



高性能デュプレクサ内蔵による快適なマルチバンド運用。

ひとつのアンテナ端子から入力される信号に対して、2波同時受信、同時送受信時に2バンドを分離する高性能デュプレクサを内蔵することによって、より快適なマルチバンド運用が実現。高品質のフィルター設計技術から生まれました。



  • 自由に設定した信号強度を基準に、スケルチを動作させることができるRFスケルチを搭載。
  • 6文字でタグ設定ができる799チャンネルの大容量メモリー。
  • 呼び出したメモリーチャンネルの内容を一時的に変更できるメモリーチューン。
  • 同じメモリーチャンネルに、送受信別の周波数を記憶させることができるセミデュープレックスメモリー。
  • 相手局が交信可能圏内にいるか監視するアーツ機能。
  • デジタルコードスケルチ、トーンスケルチを標準装備。
  • 29MHz FM送信ナローモード。
  • レピーター局アップ/ダウンリンクを同時受信している時など、UP/DOWNキーで2つの周波数が同時に変化するVFOトラッキング機能。
  • メモリーチャンネルにメモリーした周波数だけで運用できるメモリーオンリーモード。
  • 1200/9600bpsパケット通信用データ端子を装備。
  • 電源電圧表示。
  • メモリー内容などを別のFT-8900にコピーできるクローン機能。

FT-8900の主な定格はこちら


戻る